▼ドイツの観光スポット▲
ベルリンの壁
ベルリンの壁は東ドイツが東ドイツや東ベルリンから西ベルリンに逃げ込む人をなくすために建設して、 1961年から1989年の間に存在した東ドイツと西ベルリンを隔てる壁です。 1961年の8月13日に建設されたと言われますが、150キロもの距離にわたり立派な壁を一夜にして築くことは不可能なので、色いろな説がありますが、 どのようにこの壁がつくられたのかは謎のままです。 1989年11月9日にさまざまな理由からベルリンの壁は崩壊しました。 壁が崩壊してからは観光客の方も近づきやすくなり、静かな空気が漂っていた雰囲気も今ではなくなっています。 現在ではベルリンの壁を見に来る観光客の中では壁を削って持って帰ろうとする人もいるそうです。 ですが、本当は壁は削ってはいけないものなので警備の方がパトロールをしているそうですよ。
 
ドイツ観光ガイド